フェレットの放牧について

フェレットの放牧について

フェレットは犬や猫、うさぎなどと並んでペットとして人気が高いです。中には、これからフェレットを飼おうとお考えになっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そういった方は、放牧についても知っておくことが大切でしょう。

放牧の必要性

フェレットはとても好奇心が強く、活発な性格をしています。ケージ内など、狭いスペースだけで飼ってしまうとストレスがたまり、運動不足や病気になりやすい体質になってしまうのです。そのため、毎日1時間から2時間くらいはケージから放し、自由に遊ばせてあげることが大切です。フェレットは飼い主になつくので、一緒に遊んであげることでコミュニケーションをとることもできます。

放牧中の注意

・誤飲に注意する
フェレットの事故で多いのは、誤飲です。放牧中床に落ちている異物を食べることで、腸に詰まってしまうのです。フェレットは吐き出すことができない動物なので、誤飲に気づいたらすぐに病院に連れて行くことをおすすめします。また、放牧する前に部屋を片付けるなど環境を整え、目を離さないという方法も最適です。

・侵入場所に注意する
フェレットは、狭い場所を好む傾向にあります。テレビの裏や冷蔵庫の隙間など家電の隙間には注意が必要です。電気が通っている場合や稼働している場合には、大きな事故に繋がる危険性もあります。また、放置されている衣服や洗濯物にも侵入し、それに気づかずに踏んでしまう可能性も考える必要があります。タンスの中に入ってしまうこともあるので、あらかじめ侵入しそうな場所は塞いでおきましょう。

こういった放牧中の危険性を減らすためには、音の鳴る首輪をつけるというのも対策としておすすめです。音の鳴る首輪をつければどこにいるのか把握することができるので、安心して遊ばせることができます。

アモワークスでは、フェレット用の首輪を通販にて取り扱っております。チェックリボンの首輪やデジタル迷彩バンダナの他にも、ミリタリーハーネスなども販売しております。また、うさぎ用のミックスデニムハーネスや猫用のストライプリボンの首輪、犬用のマリンボーダー柄の首輪なども販売しておりますので、ペットの首輪をお探しの方はぜひお気軽にご利用ください。